天国へのラブレター

  • 初恋のあの人へK.K 男性実は私は、あなたのことが好きでした。
    初めて出会った小学三年生の時から、ずっと好きだったような気がします。

    あなたとは不思議と縁があって、その後も同じ班になったり同じクラスになったり、同じ中 学に進学したり高校合格を喜びあったりしましたね。
    思っていることを中々言葉にできない奥手な私でも、さすがにそれだけの機会があれば、あなたと誰より近い友達になることができまし た。

    私にもっと勇気があったら、あなたと友達以上の関係になれたのかもしれません。
    でも結局は一度もあなたに好きといえないまま、あなたは私の言葉の届かない場所にいってしまいました。

    永遠に好きといえないままでも、会えないままでもいいから生きていてほしかった。
月イチ連載「杉下由美の終活コラム」 想いのこもった弔電サービス 終活Cafeニューズ
天国へのラブレター
  • 初恋のあの人へK.K 男性 実は私は、あなたのことが好きでした。 初めて出会った小...続きを見る
  • お母さんへ〈N.K 女性〉お母さん、誰かと楽しくおしゃべりしていますか? 話好きだっ...続きを見る
  • 父へ<長野県・sunohara>「見守ってくれているなら このロウソクの火を揺らして」と ...続きを見る
  • パパへ<神奈川県・春美>パパ…毎日お疲れ様です。 パパが浄土に旅立ってから12年が...続きを見る
  • 勝ちゃんへ<京都府・はな>「勝ちゃん」と呼んでも、もう返事してくれへんのやなぁ。 も...続きを見る
もっと見る


| お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
Copyright©Shukatu Cafe. All Rights Resered.