〝贈って良かった〟と思える プリザーブドフラワーの供花東京堂

花は故人と遺された者の心をつなぎ、安らぎと優しさを与えます。 プリザーブドフラワーだからこそ可能な、日常の癒しとなる供花に注目。

1926年の創業以来、「花のある暮らし」を提唱し続ける東京堂。平成25年新たに、日常の中で偲ぶ花〔エターナルライフ/こころに生きる永遠の命〕シリーズを発売。現在第二弾を制作中。フューネラルフラワー協会理事であり、仏華デザイナーとして活躍する岩田弘美さんがデザイン監修を務めている。柔らかな感触と新鮮さを最大限に表現するため、生花を特殊加工したプリザーブドフラワーと、それを引き立てる多彩なアーティフィシャルフラワーでアレンジしたインテリアになじむ供花は、発売直後から予想以上の反響があり、大きな手応えを得たようだ。

 東京堂・専務取締役の鈴木勝也さんは「岩田先生の手がけるフューネラルフラワーには、家族にとっての癒しと、故人を想う気持ちが込められています。プリザーブドフラワーは、その仲介をしてくれるという〝気づき〟を岩田先生からいただきました。我々はメーカーとして、家庭の中で故人を偲ぶお花をいかに表現できるかを考え、新しいスタイルと文化を創り、さらには身近に手に入る仕組みを作っていく役割を担っています」と語った。岩田さんも「〝心のこもった供花を一緒に作っていこう〟とレクチャーするため、長野県にある製作現場を訪ねました。皆さん、心を込めてひとつひとつ手作りし、手を合わせて送り出してくれています。故人にたむける花ですから、人の手を介した温もりの中に付加価値があります。今後も〝エターナルライフ〟が皆様のライフスタイルに合った供花となるように努めていきたいと思います。」

東京堂

本店/東京都新宿区四谷2-13

03-3359-3331

営業時間/930分~1720

休み/日曜、祝日(土曜不定休)

http://www.e-tokyodo.com

  • エターナルライフシリーズは故人が好きだったお花を季節に関係なく飾ることができ、水替えの必要もなく長期間使用できる
  • アーティフィシャルフラワーやプリ ザーブド・ドライ、ウェディング資材 など、圧倒的な品揃えを誇る日本最大級規模のショールーム&ショップ
  • 株式会社東京堂本店統括部 部長 染谷丈晴さん(右)とフューネラルフラワー協会理事 岩田弘美さん


月イチ連載「杉下由美の終活コラム」 想いのこもった弔電サービス 終活Cafeニューズ
天国へのラブレター
  • 初恋のあの人へK.K 男性 実は私は、あなたのことが好きでした。 初めて出会った小...続きを見る
  • お母さんへ〈N.K 女性〉お母さん、誰かと楽しくおしゃべりしていますか? 話好きだっ...続きを見る
  • 父へ<長野県・sunohara>「見守ってくれているなら このロウソクの火を揺らして」と ...続きを見る
  • パパへ<神奈川県・春美>パパ…毎日お疲れ様です。 パパが浄土に旅立ってから12年が...続きを見る
  • 勝ちゃんへ<京都府・はな>「勝ちゃん」と呼んでも、もう返事してくれへんのやなぁ。 も...続きを見る
もっと見る


| お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
Copyright©Shukatu Cafe. All Rights Resered.