天国へのラブレター

  • Hさんへ<東京都・奥野祐次> 覚えていますか?
     あなたが48歳で胃癌になり大学病院に入院していた期間に、私は実習生としてあなたにお会いしました。現在は医師として働いています。
     あなたは私が初めて受け持った患者さんでした。小心者の私は、中にいるあなたの息遣いに耳を済ませていた自分を今でもよく思い出します。
     あなたはいつもにこやかに私を迎えてくれました。学生の私に診察されるのは嫌な気分だろうな、と思っていました。でも、あのときの笑顔は、心から嬉しく思ってくれていたのですね。当時の私には知識も経験もありませんでしたが、あなたへの誠実な思いがありました。それがあなたの心を満たしていたのだということに、
    医師になってしばらくしてから気付きました。
     あなたは抗がん剤の副作用に悩まされていましたね。あなたは抗がん剤の点滴の期間を主治医に敢えて聞かずにいました。それを知らずに「残り1週間ですね」と伝えてしまった私に、「いいんです。気にしないで。毎朝嘔吐し、いつ終わるともわからなく、苦しい時間です。主治医の先生が「今日で終わりですよ」と言ってくれるのを励みにしてました。それで敢えて聞かずにいたのです」。
     Hさん、私が実習でお会いした期間は1か月くらいだったでしょうか。
     私はあなたから病気と向き合う人の強さを学びました。そしてまた、あなたとお会いした当時の自分を今も大切にしています。
月刊「川崎清風霊園」vol.1 想いのこもった弔電サービス 終活Cafeニューズ
天国へのラブレター
  • 初恋のあの人へK.K 男性 実は私は、あなたのことが好きでした。 初めて出会った小...続きを見る
  • お母さんへ〈N.K 女性〉お母さん、誰かと楽しくおしゃべりしていますか? 話好きだっ...続きを見る
  • 父へ<長野県・sunohara>「見守ってくれているなら このロウソクの火を揺らして」と ...続きを見る
  • パパへ<神奈川県・春美>パパ…毎日お疲れ様です。 パパが浄土に旅立ってから12年が...続きを見る
  • 勝ちゃんへ<京都府・はな>「勝ちゃん」と呼んでも、もう返事してくれへんのやなぁ。 も...続きを見る
もっと見る


| お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
Copyright©Shukatu Cafe. All Rights Resered.