月刊「川崎清風霊園」第二十一回お盆について

川崎清風霊園のスタッフの皆様にインタビューした内容を“終活Café編集部”がコラム風にまとめたのがこの「月刊川崎清風霊園」です

  • 左から「精霊馬と精霊牛」「お盆の仏具」「灯篭流し」

コロナ禍の最中ですが、今年もお盆がやってきます。
 
 今年のお盆はほとんどの都道府県知事から不要不急の帰省を控えるようにと通達されています。
帰省の折にはお盆のお墓参りを併せて行う方も多いのではないかと思いますので、今年のお盆のお墓参りはやむ負えなくできないという方も多いのではないでしょうか。
 
 でも、せっかくのお盆、気持ちだけでもご先祖様に想いを寄せて頂きたいのでお盆の由来について考えたいと思います。
 
 お盆といえば旧暦では7月13日から15日にかけて、新暦では1月遅れの8月13日から15日頃に掛けて行われている行事です。
旧暦と新暦では1月違いです。もともとは旧暦の7月に行われていた伝統的な行事だったのですが、明治6年1月1日の新暦採用以降は、1月遅れの新暦でお盆を祝うようになりました。
一部の地域では旧暦の7月にお盆をするところがあるようですがほとんどが新暦の8月に行われています。
 
 ーそもそもお盆って何する行事なのでしょうか?ー
 
お盆は先祖の霊がお墓から自宅に戻ってきて帰ってくる行事で、正式名称を「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、略してお盆と言われるようになりました。
 
 ーでは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」は何なのでしょう?ー
 
簡単に説明すると生前に行いが悪かった人に成り代わって今生きている人が供養を行うことが功徳となって亡くなった先祖の苦しみを軽くして、生きている人も幸せになるという教えです。具体的には盆の入りでは霊を迎えて、盆の最後は霊を送るのが正しい供養の方法です。
今では新暦の8月15日前後に連休を取って実家に戻ってお墓参りをするっていうのが定番になっているのではないでしょうか。
 
 地域によっては迎え火・送り火といった習慣があります。
迎え火は先祖の霊が迷うことなく我が家に戻ってくるように13日の夕方、縁側とか軒先に盆堤灯を吊るして火を灯し、玄関前では素焼の焙烙(ほうろく)と呼ばれるお皿にオガラと呼ばれる皮をはいだ麻の茎に火をつけて燃し、その場で合掌します。
その際にはきゅうりに4本足をつけ馬を模した精霊馬(しょうりょううま)を玄関先に置いておく地域もあります。
馬の役目はあの世からなるべく早くご先祖様をお迎えすることと言われています。
 
送り火は我が家に帰ってきた先祖の霊をお墓に帰ってもらうという行事で、迎え火を焚いた場所で同じようにオガラを焚きます。
その際にはなすに4本足をつけ牛を模した精霊牛(しょうりょううし)を玄関先に置きます。
牛の役目はあの世にご先祖様をお送りすること。
できるだけこの世に留まってほしいという名残惜しさをこめて、足の遅い牛にその役目を任せると言われています。
何とも風流ですね。
 
又、灯籠(とうろう)流しといって川に供物をわらや木で作った舟に乗せて川や海に流したり、灯籠を流したりする地域もあります。
 
 こういった日本の情景は夏の風物詩として未来永劫残ってもらえるといいですね。
皆さまは今年のお盆をどのようにお過ごしになるのでしょうか。
 

 

川崎清風霊園

神奈川県川崎市麻生区片平1515-1
TEL.044-988-2711・FAX.044-988-2777
https://kawasakiseihu-reien.jp/
総面積   :21,132.38㎡
建墓面積  :3,615.08㎡
総区画数  :2,958区画
附属施設  :管理事務所、休憩所、多目的ホール、トイレ(車イス対応)
駐車台数  :90台(平置き) 
事業主体  :宗教法人長尾寺
許可番号  :川崎市指令健案第3101号
霊園開門時間 :午前9 時~午後5 時
管理・運営 :株式会社 太平洋福祉
お問い合わせは 0120-148-315
https://taiheiyo.co.jp/ 

 
 

月刊「川崎清風霊園」第十六回 想いのこもった弔電サービス 終活Cafeニューズ
天国へのラブレター
  • 初恋のあの人へK.K 男性 実は私は、あなたのことが好きでした。 初めて出会った小...続きを見る
  • お母さんへ〈N.K 女性〉お母さん、誰かと楽しくおしゃべりしていますか? 話好きだっ...続きを見る
  • 父へ<長野県・sunohara>「見守ってくれているなら このロウソクの火を揺らして」と ...続きを見る
  • パパへ<神奈川県・春美>パパ…毎日お疲れ様です。 パパが浄土に旅立ってから12年が...続きを見る
  • 勝ちゃんへ<京都府・はな>「勝ちゃん」と呼んでも、もう返事してくれへんのやなぁ。 も...続きを見る
もっと見る


| お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
Copyright©Shukatu Cafe. All Rights Resered.