月刊「川崎清風霊園」第十八回お墓の購入手順

川崎清風霊園のスタッフの皆様にインタビューした内容を“終活Café編集部”がコラム風にまとめたのがこの「月刊川崎清風霊園」です

  • 左から「川崎清風霊園の庭園墓地」「和型のお墓」

皆さんはお墓をお持ちでしょうか。
 
 本家の方は先祖代々のお墓をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
では、本家や分家とは何なのでしょうか。
家を単位とした関係性を示す言葉として、分離した家を「分家」、元の家を「本家」と呼
ぶことが一般的です。
基本的には本家と分家は、別のお墓に入るのが通例です。
 
 お墓とは、「その家の墓」という意味が込められています。そのため、本家と分家が一緒
のお墓に入ると、ふたつの家が混ざってしまい、混乱のもととなるので古くからの慣習で
本家と分家のお墓は分けるようにしてきました。
しかし、法律的には本家と分家が同じお墓に入ることに問題はなく、お墓の使用者(永代使用権者)の了承があれば、お墓に入るうえでの制限は特にありません。
 
 最近では本家と分家といった慣習にとらわれず事情に応じて埋葬するケースも多くなってきています。
とはいっても、本家のお墓は遠くにある、もしくはこれ以上お骨が入らないなど様々な理由があってお墓を購入なさる方も多いと思います。
そこで、お墓を購入にはどのような手順が必要かをひも解きましょう。
 

 オーソドックスな手順としてはこうです―

1.どんなお墓を建てたいかを検討する
運営形態としては
    寺院墓地
    公営霊園
    民間霊園
の形態があります。
 
埋葬形態としては
    従来型の和型のお墓 
    庭園型のお墓
    樹木葬墓
    納骨堂
    合祀型の永代供養墓
の形態があります。
 
ご事情に合わせていずれがご自身に適しているのかをご検討することになります。
この他にはお墓を持たずに海に散骨する海洋散骨などもあります。
 
2.購入費用を検討する
購入費用には
    使用料:墓地使用権購入です。
土地は購入するのではなく土地を借りてお墓を建てます。
    墓石代:お墓設置工事費の他、墓誌・撒き砂利・卒塔婆立て・墓前灯篭などの付  
帯設備費用によっても費用が変わってきます
    管理料:運営形態や埋葬形態によって費用は変わってきます。
以上が通常かかります。
樹木葬墓や納骨堂、永代供養墓の場合は墓石代が掛からない場合もあります。
 
3.場所を検討する
お墓を建てるのはスタートです。
定期的にお墓参りできて安定的に運営し続けられる場所でなければなりません。
市街地から近いと価格は高くなりますし、郊外に行くほど手ごろになります。
永く持ち続けることができるように吟味して下さい。
 
4.情報収集する
墓地形態や費用、場所がおおよそ決まったらネットで情報収集をお勧めします。
今はお墓の検索サイトなども多くありますので様々な手段で情報収集して下さい。
 
5.現地の見学
幾つかの候補が決まりましたら現地を見学して下さい。
その際にはアクセスはもちろんの事、四季折々の風景、日当たり、清掃などの管理状況、スタッフの対応をじっくりと見極めて下さい。
事前に予約を入れておくと現地の説明などをスタッフが対応してくれるはずです。
 

以上のような手順を経て購入となります。

購入に当たって思わぬトラブルに見舞われることもあります。
トラブル事例としては
・宗教宗派が限定されており自分とは違った
・初期の費用提示とは異なる費用を請求された
・永代供養だと思ったら違っていた
・注文した墓石と異なる墓石を使っていた
・工事の工程通りに進まない
以上のようなケースが散見されます。
 
これらは業者側の不手際が原因という事があるかも知れませんが
・お墓の事は普段から馴染みが無く、専門知識が無いので行き違いが起こりがち
・お墓を建てる方は比較的高齢者が多く、確認不足が起こりがち
といった理由もあり得ますので十分に確認を行うようにして下さい。
 
良い業者さんを見極める点としては
・良い事ばかりではなく、懸念点にも誠実に答えてくれる
・費用提示やスケジュール提示が明確
といった点に気を付けると良いでしょう。

 

川崎清風霊園

神奈川県川崎市麻生区片平1515-1
TEL.044-988-2711・FAX.044-988-2777
https://kawasakiseihu-reien.jp/
総面積   :21,132.38㎡
建墓面積  :3,615.08㎡
総区画数  :2,958区画
附属施設  :管理事務所、休憩所、多目的ホール、トイレ(車イス対応)
駐車台数  :90台(平置き) 
事業主体  :宗教法人長尾寺
許可番号  :川崎市指令健案第3101号
霊園開門時間 :午前9 時~午後5 時
管理・運営 :株式会社 太平洋福祉
お問い合わせは 0120-148-315
https://taiheiyo.co.jp/ 


月刊「川崎清風霊園」第十五回 想いのこもった弔電サービス 終活Cafeニューズ
天国へのラブレター
  • 初恋のあの人へK.K 男性 実は私は、あなたのことが好きでした。 初めて出会った小...続きを見る
  • お母さんへ〈N.K 女性〉お母さん、誰かと楽しくおしゃべりしていますか? 話好きだっ...続きを見る
  • 父へ<長野県・sunohara>「見守ってくれているなら このロウソクの火を揺らして」と ...続きを見る
  • パパへ<神奈川県・春美>パパ…毎日お疲れ様です。 パパが浄土に旅立ってから12年が...続きを見る
  • 勝ちゃんへ<京都府・はな>「勝ちゃん」と呼んでも、もう返事してくれへんのやなぁ。 も...続きを見る
もっと見る


| お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
Copyright©Shukatu Cafe. All Rights Resered.