「3月27日は『祈りの日』」登録後初めての記念日にPRAY for (ONE)が『祈りの日』記念法要を開催

日常にある“小さな祈り”の価値普及に取り組む一般社団法人PRAY for (ONE)(代表理事:保志康徳)では3月27日が『祈りの日』に登録されたのを祝して東京・足立区の善立寺(住職:新倉典生)本堂にて記念法要を開催した。
厳かな雰囲気の中、住職による法要が執り行われた後、ダウン症の女流書家・金澤翔子さんを迎えて席上揮毫が行われ「祈り」の文字を力強く書き上げた。
さらにその後、PRAY for (ONE)活動のシンボルといえる「祈り鶴」のワークショップが同理事岩田弘美さんによって行われ、参加者全員で「祈り鶴」を“折り”体感的な“祈り”に触れることで安らかな心の想いを深める貴重な体験となった。
これを契機にして“祈り”が今以上に普及して共感の輪が広がっていくことだろう。
 

  • 善立寺住職による法要が厳かに執り行われた

【中澤翔子さんについて】
中澤翔子さんは1985年東京都目黒区に生まれ、5歳から母の師事で書を始める。ハンデキャップと向き合いながら独自の筆致で個性を開花。NHK大河ドラマ「平清盛」揮毫をはじめとして天皇御製の揮毫、国連本部でスピーチなど活躍の場を広げ、現在は日本福祉大学客員准教授も務めている。

【善立寺について】
応仁2年(1468年)の草創で、天正19年(1591年)徳川家康の江戸入府にともない~開創、日蓮宗江戸三大触頭の一つに名を連ねた名刹。以来、長きにわたりその歴史を伝えつつ、境内は常に開放され市井の人々に親しまれた寺院として知られる。

【PRAY for (ONE) について】
日常にある“小さな祈り”の価値普及を目的に、組織や宗教の垣根を越えて2015年に設立された(一社) PRAY for (ONE)が中心になって推進する“小さな祈り”のプロジェクト。
祈りの普及を通して「祈り」がより身近な「行為」へ変化することにより新たな祈りの文化の構築と優しい社会づくりを活動展望とする。
そのシンボリックな取組みとして「祈り鶴」プログラムを精力的に展開し、共感・賛同の輪を広げ続けている。

PRAY for (ONE)事務局
〒965-0844 福島県会津若松市門田町一ノ堰村東40
TEL:0242-27-0267 FAX:0242-26-1235
Mail:info@prayforone.jp  


便利帳エンディングノートの書き方 想いのこもった弔電サービス 終活Cafeニューズ
天国へのラブレター
  • 初恋のあの人へK.K 男性 実は私は、あなたのことが好きでした。 初めて出会った小...続きを見る
  • お母さんへ〈N.K 女性〉お母さん、誰かと楽しくおしゃべりしていますか? 話好きだっ...続きを見る
  • 父へ<長野県・sunohara>「見守ってくれているなら このロウソクの火を揺らして」と ...続きを見る
  • パパへ<神奈川県・春美>パパ…毎日お疲れ様です。 パパが浄土に旅立ってから12年が...続きを見る
  • 勝ちゃんへ<京都府・はな>「勝ちゃん」と呼んでも、もう返事してくれへんのやなぁ。 も...続きを見る
もっと見る


| お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
Copyright©Shukatu Cafe. All Rights Resered.